邂逅舍农索城堡的花坊负责人J.F Boucher先生

舍农索城堡以其优美典雅的建筑和花园而闻名于世……除此之外,城堡内所布置的美丽鲜花装饰也是众所皆知,这些鲜花是由城堡内的花坊每天制作维护。让我们来会见五年来在花坊负责的让·弗朗索瓦·布歇(Jean-François Boucher),他获有花艺领域的法国最佳工艺师及欧洲青年冠军头衔。

舍农索城堡设立花坊堪称是世界上绝无仅有的创意?
的确!舍农索城堡是唯一拥有自己的花艺员工的城堡。花坊是馆长洛尔·梅妮尔(Laure Menier)于25年前成立的,旨在为这座“贵妇堡”增添些许女性魅力并像接待尊荣贵宾一样来迎接所有的访客。花坊设在一栋十六世纪的农舍内,我们总共三个人,负责准备城堡各厅房、餐厅及所有活动所需的花卉组合。

你们所用的花材都来自城堡的花园?
一部分是。我们很幸运,在菜园中有个专门种花的空间,让我们可以跟高级美食餐厅共同享用。对了,有时,餐厅的主厨们也会用到鲜花,而我们也偶尔会用到蔬菜!但这样不够,我们还是必须靠采购,因为所需的花量太大了,城堡内有19个厅房要布置花卉,而且我们每周必须更换所有的花束。

请说说你们每天的任务……
每天早上,我们会绕一圈,到处检查一下花束是否够新鲜,并在必要时进行更换。但除此之外我们每周也都定时更换所有的花束。周五固定要订购花材;而周一因为没有花材送抵,所以我们会利用这时间去大自然中采集一些禾本科植物或枝叶……这时刻对我而言很重要,因为野生植物会为我们的花卉组合增添灵魂气韵。因此,人们常说舍农索城堡是一座乡间的城堡……

城堡内每个厅房的花卉布置都不同?
都不同,因为花饰必须协调搭配厅房,融入整体家具与挂毯的氛围中。我喜欢每个厅房的感觉,但难免有几间较为偏爱的厅房……尤其是“绿厅”(Cabinet Vert),厅内所有的颜色都协调一致,真的是美极了,特别是沐浴在晨曦中时……

植物で歴史を語ることは可能ですか?
この城の王妃だったカトリーヌ・ド・メディシスを意識する場合が多いです。シーズンには、好んでアーティチョークを用います。その理由は、トスカーナからフランスにアーティチョークをもたらしたのは彼女だったことが知られているからです。テーブルアートも彼女の功績です。彼女は葉で装飾して、盛大な祝宴を催していました。

クリスマスは最も重要な時ですか?
はい!1年の残りの時期とは異なり、フラワーアレンジメントを毎週変えることはせず、1か月間同じものを保ちます。ただ花を取り替えるだけです。シュノンソー城は「お城の地方のクリスマス」に参加しています。2019年のテーマは、「動物と架空の動物」でした。そもそもタペストリーには、一角獣が描かれています。

花による空間演出という仕事のどこがお好きですか?
祖母や母と一緒に、私は店舗や温室の中で花に囲まれて育ちました。私はこの雰囲気が大好きなのです。世界中からの来場者に、フランスのフローラルアートを紹介するのが好きです。アジア諸国(日本、韓国、中国…)からの人々はそれに非常に敏感です。ロシア人も同様で、たくさんの花を贈ってくれます。

アトリエに行ってお会いすることは可能ですか?
もちろん!私たちはワークショップも開催しており、ちょっとしたフラワーアレンジメントの実践を教えています。私たちの仕事について知るには、写真集『Les bouquets de Chenonceau(シュノンソーのブーケ)』(2019年)をご覧いただくことをお勧めします。この本は3年間の仕事を振り返ったもので、ショップで非常によく売れています。